【画像】izooで出会った爬虫類ギャラリー

今月訪問した伊豆の体験型動物園izooで撮影した爬虫類、その他諸々の写真を貼ってくよ!

アルビノイグアナ

img_3101

入り口からすぐにアルビノのイグアナが現れます。神々しい・・・
ここで写真を撮ってもらえます。

参考:アルビノってなんで白いの??

img_3117

ウーパールーパーの池を通り・・・

img_3129

毒蛇ゾーン
テンションMAXで突入!爬虫類アイドル?の高松雪乃ちゃんにフトアゴヒゲトカゲを触らせてもらいました!更にテンションMAX笑

img_3122

カパーヘッド

米国東南部に棲息するヘビで、頭部が銅色に輝く事からカパーヘッドと呼ばれています。(別名アメリカマムシ)毒は弱いが噛まれると腫上がります。

img_3138

ガボンアダー

アフリカに棲息する全長120cm〜200cmにもなる大型猛毒ヘビです。牙はヘビ類の中でも最長の5cm・・・別名ガブーンアダーとも呼ばれ木の葉に擬態して身を隠し、油断したネズミやリス等に近づいて補食します。

img_3132

ゲブッシュバイパー

アフリカ中央部の密林に棲息しています。針状のウロコを身にまとう特徴的な毒ヘビで小鳥や小型の哺乳類を補食します。

img_3186

アミメニシキヘビ

ニシキヘビ科のアミメニシキヘビは全長10m近くにもなる世界最大のヘビです。14m級も存在するとか・・・アナコンダの全長もニシキヘビ程度になりますが違いは重量にあります。10mのニシキヘビは約100kg、アナコンダはというと250kgにもなります。どっちにしろ出会ったら腰を抜かしますね笑

img_3200

二つ目の建物内、展示がおしゃれです。こんな部屋にしたい。

img_3220

カメレオンモドキ

カメレオンではなくトカゲの仲間です!

img_3205

ニューカレドニアジャイアントゲッコー

ニューカレドニアに棲息するヤモリの最大種です。全長は40cmにもなります。強い雑食性を示し、昆虫や他のヤモリを捕食するほか植物食傾向も強く、果物なども大好きです。別名ツギオミカドヤモリ。

img_3226

オニタマオヤモリ

いつか飼育してみたいヤモリです。オーストラリアの砂漠に棲息しています。タマオヤモリという和名は尾が玉のように膨らんでいる事から呼ばれています。夜行性で昼間は隠れているので動きません。

参考:【ペットにできる爬虫類】オニタマオヤモリの飼育と特徴

img_3218

エメラルドツリーボア

グリーンパイソンに似ていますが違いますよ!

①口周りの感熱器官の位置
②頭部の大きさ
③卵生か胎生か(グリーンパイソンは卵生、エメラルドツリーボアは胎生)④体の模様もよくみると違う

結構ありますがどっちもかっこいいってことは周知の事実ですね!

img_3119

グールドモニター

飼育したいけど荒くて怖い・・・ナイルモニターに比べればいけそうかな?
体長2m近くになるオオトカゲです。和名スナオオトカゲ

img_3235 img_3236

マダガスカルオオゴキブリとメキシカンレッドニー

爬虫類以外にもいろいろな生物がいて楽しめました!

img_3244

最後はizooショップ!ポストカードと写真のイグアナボードを購入しました。満足

izooのレポートもこれで最後ですが、毎年レポしたいぐらい楽しい展示でした!
都内からは少し時間がかかりますが伊豆旅行ついでに寄ってみていかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー&応援頂けると幸いです。