カエルの飼育方法と飼育器具を紹介 part1

今回はカエルの飼育方法と一緒に飼育器具も紹介します。環境によって飼育方法も異なりますが、飼育する前にどのようなエサが必要でどういった器具が必要なのかおおまかな飼育方法を記載しますので参考にしてみてください!

カエルの可愛いポイント

怒っていてもつぶらな瞳と可愛い仕草にずっきゅんですね!

カエルの入手方法と値段、個体の選び方

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-23-04-10

カエルは世界で4400種類以上、日本でも43種類報告されており、誰もが一度は目にした事のある身近な生き物です。現在、爬虫類だけでなくカエルやイモリといった両生類をペットとして飼育している人口も増加しています。

カエルの入手方法と値段

カエルの入手方法には大きく分けて二つの方法があります。

① 野外で採取してくる
② ペットショップで購入する

①のメリットは実際にどのようなところでそのカエルが生活していて、どのようなエサを食べていたか、またその場所の気温や環境等を身をもって体感し飼育に役立てる事ができます。購入ではないのでお金がかからないというメリットもありますね。日本に棲息しないカエルを飼育したいならば②になります。カエルを専門としているペットショップやオンライン販売もあるようです。

生体の販売価格は種類によって大きく異なります。値段の目安を記載しましたので参考にしてみてください。

ツノガエル系:5,000円〜10,000円

アカメアマガエル:10,000円前後

ヤドクガエル:15,000円〜40,000円と稀少差によって幅があります。
参考:ペット選びの心得/爬虫類のペットショップ

個体の選び方

カエルを選ぶときに見てほしい、やってほしいポイントが3つあります。

① カエルの皮膚や体型等、外見を確認する
② 入荷の時期と食欲
③ 購入前のリサーチ

①の外見はとても重要です。家に迎えたとたんエサを食べずに・・・なんてことも可能性としてありえるのです。そこで選ぶ時にここを見てほしいというポイントを記載しましたので、生体を選ぶ際は注意してみてみてください。

・皮膚が乾燥していたり、脱皮の皮が残っていないか
・体に傷がないか(細菌感染を起こしてしまう可能性があります)
・目がしっかり開いているか、また体の軸がしっかりしているか

②の入荷時期と食欲があるかどうかですが、これはペットショップで購入する場合に確認します。入荷して時間が経っている個体であれば、ペットショップのスタッフにどんなエサをあげているか、餌食の時間帯、個体の性格等色々聞いてみましょう。

③はどんなペットにも言える事ですが、種類によって飼育環境や必要な飼育器具、エサ等が異なってきます。飼育したいカエルを見つけたらまずは自分でネットや本で調べてみましょう。事前に知識をえた上で環境を造って出迎えてあげてくださいね。

どんな飼育器具が必要なの?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-23-12-25

カエルを飼育する上で、必ず必要なのが飼育器具です。飼育する個体によって整えなければならない設備が異なります。人間も同じですが、飼育環境で長生きする、しないを左右しますのでメンテナンスがしやすい、かつ棲息環境に近い飼育設備を準備してあげましょう。

飼育ケージ

ひとえに飼育ケージと言っても色々な素材、形があります。代表的なものをいくつかご紹介します。

・観賞用水槽

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-23-39-20

メダカやカメを飼うようなガラス水槽のことです。サイズは小さいもので20cm四方のものから2m近いものまで様々です。ガラスなので観察がしやすく観賞用としてはもってこいのケージです。デメリットとしてはメンテナンスが大変です。私も以前、ピラニアを飼育していたのですが、ガラスなので重く掃除に手間がかかりました。また、石や流木のオブジェを入れた際に割れてしまう可能性もあるため丁寧なメンテナンスが必要です。

・プラスチックケース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-23-13-55

簡単に言えば虫取りカゴです。軽くて意外と丈夫で安価なためとても便利なケージといえます。サイズも色々な形があるのでカエルの環境によって購入しましょう。デメリットは見た目と傷がつき易いということでしょうか。

・爬虫類両生類の専用ケージ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-23-05-48

爬虫類のショップでも見かける前開きタイプのケージです。素材はガラスとプラスチックで前に引き戸や開き戸があるため、餌食や掃除がとても楽になります。爬虫類、両生類の類いは上から手を入れられる事を嫌いますのでこのケージはとてもおすすめです。デメリットは他のケージと比べ値段が少しはるくらいです。私もこれを使ってヘビ(カエルじゃなくてすみません・・・)を飼育していますがメンテナンスがとても楽になってペットとの距離が縮まった気がします笑

amazonでセールしてました!

 床材

床材は生体の飼育環境にとても重要な要素です。土であればその中に潜って落ち着く事ができたり、水分を補給するためにも必要です。床材は汚れ易いため、掃除のメインとなります。飼育者がどのくらいの頻度でメンテナンスできるかでも選択肢が変わってきます。

・土

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-23-14-59

カエルの飼育でポピュラーな床材です。種類も「赤玉土」「黒土」「ヤシガラ土」「腐葉土」「ピートモス」等があり飼育環境にあった土を選んで使用します。保水性が高く、多少の排泄物であればバクテリアが分解してくれます。ただ、汚れ具合がわかりづらいためよく観察して掃除を行いましょう。

・水苔

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-23-17-18

保湿性が床材の中で最も高く、湿った環境に棲息する地上棲のカエルや樹上性のカエルで、湿度が高い環境を好む種類に向いています。常に湿っているため細菌が増殖しやすくカビが生えてきますのでこまめなメンテナンスが必要です。

・砂/砂利

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-23-45-28

様々な大きさと成分が存在する床材です。熱帯魚や海水魚用に販売されている大磯砂が一般的です。中途半端な大きさの砂利だと誤って飲み込んでしまうため注意が必要です。また、砂は乾燥するとカエルの皮膚にくっついてしまうため地中棲のカエルには向きません。また、表面に角のあるような砂利、砂はカエルの体表に傷を付けてしまうので避けてください。

・スポンジシート/キッチンペーパー/その他

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-22-56-52

スポンジシートとは厚さ1、2cmのスポンジシートでホームセンター等に置いてあります。キッチンペーパーも保水性が高く排泄物が一目で分かるのでいつも清潔に保つ事ができます。他にも鉢底ネットを床に敷いて水を張ると言う方法もあります。私はベルツノガエルにこれを使っています。ずばりメンテナンスが楽だからです(笑)何も敷かないで水を貼るとカエルがガラスで滑ってしまい足を踏ん張れず、足腰が弱ってしまいます。ただ、この床材はかなりシンプルな設備なので観賞用としては不向きです。

カエルの飼育方法と飼育器具を紹介 part2 に続きます。
次章は温度管理やケージに入れる植物について書いてます

カエルの飼育方法と飼育器具を紹介 part3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー&応援頂けると幸いです。