カエルの飼育方法と飼育器具を紹介 part3

カエルの飼育方法の続きです。飼育に重要なエサについて書いてます!

カエルのエサについて

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-22-13-18

最後の章になります。ここも飼育環境同様とても大切な項目です。カエルの種類によってエサの量やエサを与える間隔が変わります。また、カエルの生活スタイル によって食べるエサも食べ方も異なります。下記にエサの種類とカエル種類ごとの餌食についてまとめましたので、自分の飼育したい個体の参考にしてみてください。

 カエルのエサの種類

・コオロギ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-22-14-41 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-22-15-15
いつも言いますが私の苦手なコオロギ・・・しかしカエルにとっては御馳走です(笑)暖かい時期に野外で採取しておいて与える事もできますが、手間等を考えるとペットショップで購入するのが良いでしょう。価格は1匹数十円ほどで、種類は黒くて大きな「フタホシコオロギ」と薄い茶色で動きの早い「ヨーロッパイエコウロギ」の2種類になります。コオロギは簡単に繁殖させる事ができるので生まれたての小さなコオロギと成体のコオロギをカエルのサイズに合わせて与えましょう。コオロギの繁殖はつがいをケージに入れ、温度を25度前後に保つと卵が2、3週間で孵化します。コオロギのみで飼育する場合は栄養不足を補うためにカルシウム剤や総合ビタミン剤をまぶして与えましょう。動きの鈍いカエルにはコオロギの足を取ってあげたり、ピンセットで与えるとスムーズに食べてくれますよ。デメリットは少し臭いがあるので慣れが必要です。

・マウス

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-22-28-09

う ちのベルツノガエルの主食でもあるマウスは、肉食傾向の強いカエルに向いているエサになります。ハツカネズミのことを指しますが、生まれたてのピンクマウスから大きさによってファジー、ホッパー、アダルトと呼び名が変わり、カエルの大きさに合わせて与える事ができます。基本的には冷凍してあるマウスをお湯 につけたり、自然解凍してから与えます。冷凍のままや解凍が中途半端だと消化不良で体長を崩してしまうので気をつけましょう。昆虫に比べ栄養価が高いため 与え過ぎは禁物です。価格は大きさによりますが1匹100円〜300円程度と少しお高め。冷凍保存できるのでエサの維持は一番楽ですね。

・ミールワーム

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-22-19-44

ペットショップで売られるミールワームには2種類あります。1つは全長3cm前後のゴミムシダマシの幼虫、もう一種は全長5cm前後で数年前から売られるようになったジャイアントミールワームです。カエルの大きさに合わせてあげるミールワームを使い分けます。しかし、栄養価が低くエサのバリエーションの1つとして考えた方が良いかもしれません。カルシウム剤やビタミン剤を振りかけましょう。また、エサを丸呑みするカエルの場合消化を促進するためジャイアントミールワームに関しては頭をつぶしてからピンセットで与えましょう。

・ショウジョウバエ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-22-16-43

ヤドクガエルやアデガエル等の小型のカエルに与えるエサになります。ショウジョウバエはエサ用としてペットショップに売られています。売られているショウジョウバエは羽を退化させており飛べなくしており、フライトレス、ウィングレスと呼ばれます。繁殖も容易で入れ物にショウジョウバエの幼虫のエサを入れ2週間程度でかなりの数が繁殖するので、それにカルシウム剤等をかけて与えます。

・人工飼料

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-22-20-42

カエルは基本的に生きたエサしか食べませんが、一部の種類で人工飼料を食べるカエルも居ます。ツノガエル類がその例で、カメ用のエサやパックマンフードと呼ばれる専用のエサも販売されています。生き餌が苦手な方はここから始めて見ると良いかもしれません。

・小魚

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-22-24-07

水中で生活するペパピパや水棲傾向の強いウシガエル、雑食のツノガエル等に与えます。原則として淡水魚を選びます。金魚やドジョウ、メダカ等を与えますが、栄養価がそれほど高くないため水棲のカエル以外の常用は避け他方が良いでしょう。

 カエルの種類ごとの餌食

・ツノガエル類

エサの種類 餌食の間隔
マウス、昆虫、魚、人工飼料 幼体時 2〜3日に1回
成体時 10〜14日に1回

・樹上棲のカエル

エサの種類 餌食の間隔
カエルの大きさに合わせた昆虫 週に2〜3回

・地上棲のカエル

エサの種類 餌食の間隔
昆虫 霧吹き後に餌食
週に1〜3回

・ヤドクガエル類

エサの種類 餌食の間隔
ショウジョウバエ ほぼ毎日

・水中棲のカエル

エサの種類 餌食の間隔
魚が主食でたまにマウスや昆虫 週に2〜3回

tumblr_nzi6bxwbfv1r38hk2o1_1280

カエルの飼育方法に関しては以上になります。少しでも参考になれば幸いです!
カエルを飼育している方でこんな飼育方法もあるよ!というご意見がございましたら教えてください!今度は環境別に飼育方法もタイミングを見てまとめようと思います。では

カエルの飼育方法と飼育器具を紹介 part1
カエルの飼育方法と飼育器具を紹介 part2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー&応援頂けると幸いです。