ヒョウモントカゲモドキの飼育方法と飼育器具紹介 part4

ヒョウモントカゲモドキのお世話

ヒョウモントカゲモドキの飼育には給餌意外にも色々なお世話が必要になります。

水入れの水交換
例え汚れていなくても2日から3日に1回は交換します。特に夏期は水もすぐに傷んでしまうため、こまめにチェックしましょう。

② 排泄物の処理
フンや尿はみつけたらこまめに取り除きます。ヒョウモントカゲモドキは尿を液状ではなく白っぽい塊で排泄します。あまり床材を濡らさない分お手入れが楽ちんですが、最低でも週に1度は交換し2週間に1度くらいはケージを水洗いしてあげましょう。

             糞はこんな感じ

③ 霧吹き
乾燥している環境を好むヒョウモントカゲモドキですがベビーからヤングにかけての個体は自分ではなかなか水場を見つけられないこともあり、時折霧吹きしてあげると水滴を舐めて水分補給をします。ただしその際はケージ内が湿りすぎないように注意が必要です。

ヒョウモントカゲモドキの脱皮と健康チェック

脱皮について

ヒョウモントカゲモドキは頻繁に脱皮を行います。皮膚の色が白濁ってきたらその合図です。時期が来ると脱皮を行いますが、ヘビと違いヒョウモントカゲモドキは脱皮した皮を自分で食べてしまいます。しかし、しっかりと脱皮ができていないと鼻先や足先に古い皮が残ってしまうことがあります。その場合ピンセットで取り除いてあげたり、ぬるま湯につけて皮膚をふやかしてから取り除いてあげましょう。

健康チェック

飼育していく中で個体の健康状態をチェックするにはどこに注意しながらお世話をしていけば良いのでしょうか?いくつかのポイントを記載しましたので確認しながら飼育に望んでみて下さい!

① 便の状態
② 食欲の有無
③ 体型が痩せすぎていないか
④ 目の周りに異常はないか
⑤ 体の表面に異常はないか
⑥ 体が変形していないか

便が出なかったり、血が混じっていたりと排泄物による健康チェックは基本です。また、餌を食べるのに痩せている場合はクリプトという病気の可能性があります。感染の可能性もある難病ですので病院へ直行して下さい。④⑤についても脱皮不全や皮膚病かもしれませんので経過を見つつ獣医の診断をお勧めします。⑥はクル病の可能性があります。骨が変形し歩毛無くなったりします。原因はカルシウム不足が主で、餌にカルシウム剤を振りかけて与えてあげましょう。少しでも異常感じたらまずは、購入した爬虫類のショップに相談して下さい。もし症状がひどいようなら爬虫類専門の病院へ診断を受ける必要があります。

参考:都道府県別、爬虫類専門の病院リスト

ヒョウモントカゲモドキのハンドリング

ペットを飼育する醍醐味であるハンドリングは飼育者のモチベーションにも繋がる大切なスキンシップです。私も飼育しているヘビとよくTVを見ています。(ヘビは絶対見てないw)しかし爬虫類は猫や犬と違い慣れることはまずありません。スキンシップを図るにも正しい方法を覚えておきましょう。

動きもスローで可愛い❤

ヒョウモントカゲモドキは人間とのふれあいを望んでいる訳ではありません。触られてもストレスを感じ辛い事は確かですが、過度のハンドリングはNGということを覚えておきましょう。ハンドリングの方法はまず人の手に慣れさせることが重要です。まずは、体を手で持ち上げる際にお腹の下に手を添えるようにして差し込み、4本の足が手のひらに残るようにして持ち上げます。足元が安定することでヒョウモントカゲモドキも安心して手の平に乗っかっていられるのです。嫌がるようであれば急がず徐々にならしていくことにしましょう。

NGなハンドリング方法

① 頭の上から手を出す
② 背中から鷲掴み
③ 尻尾を持ってぶら下げる

③のしっぽを持ったハンドリングは特に注意が必要で、ハンドリングに慣れていない個体は自衛のために尻尾を切ってしまうこともありますので絶対にやめましょう。

いかがでしたでしょうか?私もグラブパイを見てからヒョウモンを飼育しようかすごく悩んでいます(笑)10年以上生きる種類ですのでしっかり環境を整えた上で迎えて上げて下さいね!繁殖については機会があればまとめたいと思います。

ヒョウモントカゲモドキの飼育方法と飼育器具紹介 part1
ヒョウモントカゲモドキの飼育方法と飼育器具紹介 part2
ヒョウモントカゲモドキの飼育方法と飼育器具紹介 part3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー&応援頂けると幸いです。