【画像】メコン川流域で新種の爬虫類等合わせて163種が発見される!

世界自然保護基金(WWF)がメコン川流域を調査したところ新種の爬虫類や両生類等合わせて163種類が見つかったことを発表した。

頭が虹色に光るヘビ、水ヘビに似てる・・・レインボーボア?

ドラゴンのようなトゲを持つトカゲ

奇抜な模様のイモリ・・・デコっているのでデコモリと命名(笑)

ネコメガエルの一種だろうか?地味だが可愛い

中国とタイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオスにまたがるメコン川流域には熱帯雨林や湿地などが広がり、豊かな生物多様性で知られる。

WWFが昨年末にまとめた報告書によると、2015年の1年間に哺乳類3種、爬虫類14種、両生類9種、魚類11種、植物126 種の計163種の新種が確認された。調査は1997年から継続的に行われており、見つかった新種は計2409種に上る。さらに未発見の生物が多数存在する と予想されている。

これらの動物たちは全て絶滅の危機に瀕している・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー&応援頂けると幸いです。