リクガメの飼育方法と飼育器具 part1

爬虫類の中でも一番人気の高いペットはリクガメではないでしょうか?「見た目」「飼い易さ」「長生き」と3拍子揃っています。主にマダガスカルやアフリカ等からやってきたカメたちが多く、奇麗な甲羅が魅力的です。そんなリクガメの飼育方法や必要な飼育器具をご紹介!是非参考にしてみて下さいね。

参考:爬虫類を飼育する前に知っておきたい5つの事

リクガメを飼育する前に知っておきたい3つの事

リクガメの寿命

カメはペットの中でもダントツに長生きする動物です。ヌマガメなどの水棲ガメでも20年から30年ほど、リクガメは種類によっては更に長生きで100年以上生きた記録がたくさんあります。そう考えるとリクガメも平均的に見ても50年以上は生きるでしょう。あの縁日でたまに見かけるミドリガメも2,30年生きるのです。カメを家族に迎えるからには元気で長生きできるように飼育するのが基本です。しっかり寿命まで飼育するにはそれなりの覚悟が必要になってくるので飽き症な方にはオススメできません。

リクガメのサイズと値段

カメは種類や棲息している環境によってサイズが異なります。水棲ガメも陸棲ガメも、ショップではミニサイズの子ガメが売られていることが多く、最大サイズを調べずに飼育を始めると大変です。順調に成長すればどんどん大きくなり、成長に合わせてケージを広くしなければならないですし、もちろん餌の量や排泄物の量も増えて世話に手間がかかります。飼育する個体がどれくらいのサイズまで大きくなるかを考えてから飼育できるかどうかを判断するのが大切なポイントになります。また、値段も個体によって様々で、中々輸入されない種類は結構高め・・・

次項でおすすめのリクガメを紹介しますのでそこで最大サイズと値段を確認してみて下さい。

飼育におすすめのリクガメ8選

カメは水槽などのケージで飼育できる種類も多く、鳴き声もないのでペットとしての人気が急上昇しています。また、同じカメの仲間でもヌマガメなどの水棲ガメなのか、陸棲のリクガメなのかによって飼育方法も楽しみ方も違います。水の中を泳ぎ陸場と水場を移動するヌマガメや水場は必要がなく陸上で生活するリクガメなどカメの種類によっていろいろな行動を観察できるのも魅力です。生態はもちろん甲羅の形や模様など容姿も飼育個体を選ぶポイントですね。今回はリクガメに絞ってオススメの種を紹介していきます。

詳細は【ペットにできる爬虫類シリーズ】で紹介していきますね!

ホシガメ

最大サイズ:25cm

値段:¥25,000〜¥200,000

クモノスガメ

最大サイズ:15cm

値段:¥100,000〜¥250,000

ヘルマンリクガメ

最大サイズ:40cm

値段:¥30,000〜¥60,000

ギリシャリクガメ

最大サイズ:35cm

値段:¥15,000〜¥40,000

パンケーキリクガメ

最大サイズ:20cm

値段:¥50,000〜¥80,000

ヒラオリクガメ

最大サイズ:12cm

値段:商取引禁止

セマルハコガメ

最大サイズ:18cm

値段:¥9,000〜¥50,000

※ヌマガメ科である程度の湿度が必要

マレーハコガメ

最大サイズ:25cm

値段:¥2,000〜¥10,000

※ヌマガメ科である程度の湿度が必要

2017年の爬虫類イベント情報をチェック!

爬虫類ショップをチェック!

リクガメの可愛いポイント

リクガメはヘビやオオトカゲと違い食性は草食、動きものんびりなので噛まれたり爪で引っ掻かれたりしないので安心ですね!

リクガメの個体の選び方

リクガメの個体選び

基本的にリクガメの入手はペットショップか爬虫類のイベントが主になります。ショップで見れるリクガメはほとんどが海外からやってきます。環境の変化に敏感なカメは輸入されてくるだけで体が弱ってしまうことが多く、環境が急変するため餌を食べないなどのトラブルも後をたちません。いかに健康なカメを選べるかがリクガメの飼育に成功する最大のポイントです。そのためには活動的でよく歩き、餌をよく食べているカメを選ぶことが基本です。リクガメ選びではできるだけ餌を食べているところ見せてもらいましょう。また、糞をチェックするのも効果的です。糞がしてあるなら餌を食べている証拠と言えるからです。入荷時期と食欲があるかどうかは聞いてみないとわからないので必ず確認します。入荷して時間が経って いる個体であれば、どんなエサをあげているか、餌食の時間帯、個体の性格等色々聞いてみましょう。

大きさですが、数センチほどの子ガメはかわいいのですが体も弱く死んでしまうこともあります。子ガメは初心者には飼育が難しいため、ある程度の大きさに成長している答えを選ぶのがお勧めです。カメの年齢は分かりづらいので目安として握りこぶしぐらいの大きさなら比較的安心でしょう。

ケージの中のカメを見るだけではわからないことが多いものです。気に入ったカメがいるときは店の人に頼んで持たせてもらいましょう。ずしりと重みがあるか、甲羅の固さ、手足を動かす頭押し込めるなど活発かどうかも個体選びのポイントになります。

健康なカメを選ぶチェックポイント(外見)

① 鼻水をたらしていないか
② 体が変形していたり目の周りに異常はないか
③ 耳が腫れていないか
④ 甲羅に傷がないかや固いかどうか
⑤ 口が開いたままだったり形がおかしくないか
⑥ 皮膚に傷やカビ等がないか
⑦ 爪が欠けたり、足をひきずっていないか

上記ポイントに気になる部分があればスタッフに聞くか、他の個体を選びましょう。無理に飼育して死んでしまうことは避けなければなりません・・・
すべてのショップが適切な飼育環境で飼育をしているとは限らないのが現状です。そんな店では買わないという姿勢も大事ですし、亀がかわいそうだから買う、安いので買うという場合もやめておきましょう。その判断をするためにも自分で勉強しておく事も重要です。

リクガメの飼育方法と飼育器具を紹介 part2に続きます。次章は飼育に必要なおすすめ器具を紹介します。多少の飼育設備が必要になるため要チェックです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー&応援頂けると幸いです。