リクガメの飼育方法と飼育器具 part2

リクガメの飼育に必要な飼育器具は?

リクガメは乾燥した地域に棲む種類もいれば、小さな水場やある程度湿度が必要な種類もいます。カメが来る前に飼育ケージを用意する時は必ずそのカメが本来どんな環境に棲んでいたのか、生息地を考え、快適な環境を準備してあげましょう。ケージ含め必要な飼育器具を紹介しますので、飼育する前に必ずチェックして下さい。

飼育ケージ

最初は飼育の要となるケージについてです。個体の住居となりますので慎重に決める必要があります。ベビーサイズの頃は全長10センチほどのリクガメですが、成長速度は意外に早く種類にもよりますがあっという間に30cm程度まで大きくなってしまいます。また、リクガメはよく歩きますし、狭いケージだと内部の温度が一定なってしまうという問題が起こります。子ガメでもケージ内の温度勾配は必要ですし、成長このことを考えても少なくとも幅60cm×奥行30cm程度、できたら幅90センチの方が大きくなってからも充分なスペースが確保できるため、個体にストレス無く飼育する事ができるのでオススメです。そのためケージを購入する際はアダルトサイズの個体をイメージしたものを準備した方が良いでしょう。また、リクガメは平面移動が主なのでケージの高さはあまり気にする必要はありません。

次に注意が必要な点は紫外線やバスキングスポット、プレートヒーター等の保温器具を取り付けられるかどうかということです。そのため、リクガメを飼育している方のほとんどは環境管理を重視した自作ケージ爬虫類専用のケージを利用しています。少し工夫は必要ですが衣装ケースを用いている飼育者もいます。

爬虫類両生類の専用ケージ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-23-05-48

爬虫類のショップでも見かける前開きタイプのケージです。水槽型で上部や側面をメッシュにして通気性を確保しています。素材はガラスとプラスチックで前に引き戸や開き戸があるため、餌食や掃除がとても楽になり ます。爬虫類、両生類の類いは上から手を入れられる事を嫌いますのでこのケージはとてもおすすめです。デメリットは他のケージと比べ値段が少しはるくらいです。私もこれを使ってヘビを飼育していますがメンテナンスがとても楽になってペットとの距離が縮まった気がします(笑)

自作ケージ

材木を利用した自作ケージが多いようです。自作ケージのメリットは2つ。

・自宅のスペースに合ったサイズのケージを作成できること
・費用を抑えられること

作 成する行程も楽しめるのでオススメです。まずはネットや本を見て調べてみましょう。私もアクリル板でケージを作成しましたが、初期投資としてはドリルやトンカチ等の工具にもお金がかかるためかなり安くとまではいきませんでした。制作スペースの無い方や設計に不安な方は既製品の購入をお勧めします(笑)

衣装ケース

サイズが色々ありホームセンターでも必ず手に入り、安価です。また、軽いので掃除がしやすくお世話がらくちんですね。注意点としてはライト類を設置するときは落下と火事等の配慮が必要になります。しっかり固定してあげましょう。

 床材

ケージのそこに入れる床材はカメが食べても問題無いものを選ぶのが基本です。乾燥を好む種類、多湿を好む種類によって素材をセレクトします。「吸水性」「経済性」「入手のしやすさ」「掃除の手間」「見栄え」などを考慮したうえでそのカメに合ったものを選びましょう。

ペットシーツ/新聞紙/キッチンペーパー

爬虫類の飼育で最もポピュラーな床材です。犬、猫用のペットシーツで構いません。汚れ具合がすぐにわかり、交換もしやすく安価なためリクガメの飼育に重宝します。見た目を気にしない方であれば一番のお勧め床材です。キッチンペーパーでも代用する事もできます。

ウッドチップ

ウッ ドチップは糞尿の水分を吸ってくれるため、掃除する際はその部分のみを新しいウッドチップと交換するだけなので、個体にストレスを与えずスムーズにメンテ ナンスする事ができます。ケージのサイズにもよりますが、全体的に汚れてきた場合は全てのウッドチップを新しいものに交換してあげましょう。ウッドチップ にも様々な大きさがありますが、小さ過ぎると誤って飲み込んでしまう場合もあるため個体に合わせた少し大きめのものを選びましょう。

デザートブレンド

乾燥地帯に棲息するカメにオススメです。デザートブレンドを使用する事で野生に近い環境で飼育することができます。リクガメが誤って食べてし まったとしても消化されるため個体に優しい床材で、クルミの殻を砕いた素材を使っています。排泄物も見つけ易いため部分的に掃除 をしてあげましょう。水分を含んでしまうとカビる恐れもあるので、水こぼし、糞周りは綺麗に取るよう心がけましょう。

水ゴケ

園芸用に市販されていて、水で湿らせて使用できます。保湿性が床材の中で最も高く、湿った環境に棲息するヌマガメ科のマレーハコガメやセマルハコガメ等、湿度が高い環境を好む種類に向いています。常に湿っているため細菌が増殖しやすくカビが生えてきますのでこまめなメンテナンスが必要です。

赤玉土

園芸用に使われる粒の大きな土です。自然に近い環境が再現でき、ホームセンターの屋外に山積みにされていたりするため入手もかなりしやすいでしょう。また価格も安価なため経済的にも安心です。吸水性も高いのですが、砕けたり劣化するとケージと個体が粉っぽく汚れることがデメリットとなります。良質な赤玉土を選んで利用すればそれだけ長持ちします。ホームセンターの赤玉土でいくつか選択肢があった場合、ぜひ袋を裏返して、どのくらい粉が出ているかチェックしましょう。粉が少ない赤玉土ほど良質なものとなります。

シェルター、水入れ、餌入れ

ケージ内には飼育するリクガメの大きさに合ったシェルターを設置します。クールダウンや夜間は眠るリクガメにとっての寝床となりますのでゆったりと入る大きめな物を選んであげましょう。水入れはカメの種類に寄って必要であれば入れてあげましょう。カメが入り易い浅い容器で体が浸かる程度の大きい容器が良いでしょう。最後に餌入れですが、底が深い物を置いてしまうとベビーや ヤング個体は食べられないため、スロープのある浅い餌入れを用意しましょう。低くて安定性のある重みのある容器を選びましょう。カメがひっくり返してします可能性があります!

リクガメの飼育方法と飼育器具を紹介 part3に続きます。
次章は飼育器具の続きと餌についても触れようと思います。

リクガメの飼育方法と飼育器具を紹介 part1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー&応援頂けると幸いです。