リクガメの飼育方法と飼育器具紹介 part3

リクガメの飼育に必要な飼育器具は?(続)

前回に引き続き飼育器具と温度管理について書きます!まずは飼育の要でもある温度管理について必要な飼育器具です。

バスキングライト

リクガメは日光代わりに紫外線を浴びるほか、体温を上げるための「ホットスポット」が必要です。リクガメが火傷しないよう、ケージの上から照射します。適正温度はリクガメでも棲息する環境によって違うため、後ほど詳しく解説します。設置したバスキングライトの下に岩やシェルターなどを置いておくとリクガメはその上に乗って日光浴のようにしてスポットライトの光を浴びます。その熱で体温を上げているのです。バスキング用の岩も市販されています。熱を持ち易くてリクガメの乗り易い岩が良いでしょう。

 保温球

リクガメは昼行性なので昼間に活動し、夜の間は寝ています。保温球は昼間の気温を再現するために使用します。夜にやや温度を下げるのは、自然界でも昼夜で気温差があり気温が下がる夜間は体を休めます。それと同じような環境にするためです。設定温度は棲息環境によって変わります。こちらも生息地別に後述致します。色々な色の保温球があり、サーモスタットと接続して使用します。

プレートヒーター

その名の通り床に敷くヒーターで、保温球と同じ気温を上げたり、リクガメをお腹から温めるために使用します。温度の自動調節機能のついたプレートヒーターでケージ内の温度を管理してあげましょう。設置はケージの下に半分程度敷き、リクガメが暑さを避ける場所を作って上げましょう。防水の物であればケージ内で使用しても問題ありません。

サーモスタット

サーモスタットはケージ内の温度を把握する重要な器具です。サーモ機能で昼間と夜間の温度を設定・管理し、タイマー機能で紫外線や保温球の時間調整を行います。サーモスタットには温度センサーがついているので、ケージ内の一番温度が低い場所に設置してあげましょう。例えば最低設定温度が25度であれば、ケージの温度がそれ以下になると自動的に保温機具が作動しケージ内を温めるのです。

流木

平面を移動するフトアゴは、立体的な物をケージ内に置いておく必要は特にありませんが、大きくてがっしりとした流木等があればそれの陰で一休みしたりします。ケージの雰囲気も出るのでスペースに余裕があれば入れてみても良いでしょう。

リクガメの温度管理

多 くのカメにとって日本の夏は暑過ぎ、冬は寒すぎます。カメが健康に暮らすには温度管理が大切です。飼育環境 の最低/最高温度を適切に保ちましょう。カメは周囲の温度で体温が変化します。ケージ内の温度や水温が低すぎると体温を上げられず、活動ができなくなりま す。また体温が低いと代謝も悪くなり餌も食べなくなったり消化や吸収もできません。つまり不適切な飼育温度は死につながることもあるのです。春夏秋冬で温 度差の激しい日本でケージの温度を適切な温度に保つための工夫が必要なのです。また、カメの種類にあわせて適温になるよう温度管理を行うにはポイントが2 つあります。

最低&最高温度を保つ

ひとつめはケージ全体の温度が適温になるように最低、最高温度を保つことです。冬は最低温度以上に保ち夏は最高温度以上に上がらないように注意します。カメがいる環境の温度を一定に保ちましょう。

温度が違う場所作る

ふ たつめはケージ内に温度勾配を作ることです。ケージは全体が適温ならいいという訳ではありません。自然界のカメは自分で暖かい日向に移動したり、暑ければ 日陰や水の中に入るなどして体温調節をしています。飼育下でもケージ内の一部にホットスポットを作り、ほかの場所と温度の差が出るように設定します。そう することでカメは自分で好きなときにちょうど良い温度の場所で過ごすことができるのです。

乾燥地帯に棲むリクガメの飼育ポイント

① ケージ内は陸場のみ、水場は設置してもしなくてもOK
② 湿気がこもらないように管理しましょう。ケージの上部を開けておきます
ホットスポットは30〜35度、ケージ全体の温度は昼25度、夜22度に設定
④ プレートヒーターはシェルターの下半分にかかるように設置

湿った地域に棲むリクガメの飼育ポイント

① カメを迎え入れたばかりのときは、浅く水を入れた水槽で飼育
② 餌を食べるようになったら陸場をメインにした環境で飼育する
ホットスポットは30度、ケージ全体の温度は昼25度、夜20度に設定
④ 陸場は底が湿り、表面が乾いているようにコントロールします
⑤ 水入れはカメの甲羅が半分浸る程度の深さにする

リクガメの飼育方法と飼育器具を紹介 part4はお世話の仕方とハンドリングについてまとめます!

リクガメの飼育方法と飼育器具を紹介 part1
リクガメの飼育方法と飼育器具を紹介 part2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー&応援頂けると幸いです。